【 おすすめ 初心者 】越境EC 海外通販サイト

今回はおすすめの越境ECサイトについて紹介していきます。

そもそも越境EC・海外通販サイトとは、海外に向けて商品を販売するネットショップを指します。

越境ECは国内に向けて商品を販売する訳ではないため、日本の製品を多く購入する海外のユーザーに販売を行うことができます。

また中国やアメリカでは日本製品の売り上げが高く、これから参入を考えている企業にはおすすめです。

【越境ECの始め方】

・越境ECモールへの出店:商品を販売する方法として日本では「Amazon」や「楽天市場」のようなECモールに出店を行うことができます。

・越境ECの自社サイト構築:越境ECは自社サイトを構築することが可能です。日本にサーバーを置いて、海外に向けて販売をしている企業が増えています。

・越境EC事業者への販売委託:越境ECを既に行っている業者は、他の越境EC事業者に販売を委託する方法があります。

・現地のパートナー/輸入業者への卸売り:アメリカや中国など現地の販売業者にパートナーとして卸売りをする方法があります。

・法人化をせずオークションなどのCtoCサイトへ出品:オークションサイトへ商品を出品する方法があります。個人のオークションサイトに販売をすることで安価で販売を行うことができるため、小規模ビジネスの事業者に向いています。

主要国の海外EC市場規模ランキング

各国のランキングは上記のようになっています。中国の消費者人数と市場規模はアメリカよりも100兆円程上回っており、前年度比でもトップです。

中国では「爆買い」をする傾向にあり、日本の商品を多く購入することもあるため、消費者のニーズに合わせることができれば売上を伸ばすことが可能です。

Tmall (天猫)

●特徴

  • 中国ユーザーから高い信頼性を持っている
  • 厳しい審査を通った法人のみ出店可能
  • ECモール型

Tmall (天猫)の特徴は、中国では1番に利用されているサイトです。また中国のユーザーから高い信頼性を持っているECモール型のサイトです。

JD.com(京東)

●特徴

  • 家電製品に強いECサイト
  • 中国ECでシェア率31.3%
  • 全体の売上50%以上が家電製品

JD.com(京東)の特徴は家電製品に強いECサイトです。Tmall (天猫)では、さまざまな企業が出店をしていますが、JD.com(京東)では商品だけを販売する「Amazon」のような販売形式です。

拼多多(pinduoduo)

●特徴

  • 低所得者層をターゲットにしたECサイト
  • 中国EC市場第3位
  • SNSの拡散力

拼多多(pinduoduo)の特徴は低所得者層をターゲットにしたECサイトで、中国EC市場 第3位です。最大の特徴は販売数とシェア数によって、値引きができる仕組みとなっており、ユーザーを多く獲得することができます。

Amazon(アマゾン)

●特徴

  • アメリカEC市場 シェア率No.1
  • 手軽に出店が可能
  • アメリカへ越境ECを展開する企業におすすめ

Amazon(アマゾン)の特徴は、日本でもEC市場1位になっているように、世界中で利用されています。

Walmart(ウォルマート)

特徴

  •  世界最大のスーパーチェーン
  • 実店舗を所有している
  • 越境ECの出店者に力を入れている

Walmart(ウォルマート)はAmazonに次いで、アメリカEC市場では2位です。同様に世界最大のスーパーチェーンですが、実店舗を所有しており、越境ECの出店者が増加するように越境ECに力を入れているのが特徴です。

eBay(イーベイ)

●特徴

  • 世界最大のインターネットオークションサイト
  • 世界30ヵ国に拠点を持っている
  • 低価格で購入したいユーザーを対象にしたい企業におすすめ

eBay(イーベイ)の特徴は世界最大のインターネットオークションサイトで、利用しているユーザーがとても多いです。また世界30ヵ国に拠点を持っているため、アメリカを初めとしたさまざまな国に出店をしたい方に向いています。

G-Market

●特徴

  • 月間訪問者数約2,200万人
  • さまざまなジャンルの商材を取り扱っている
  • 日本語対応をしていない

G-Marketの特徴は月間法も者数が約2,200万人となっており、さまざまなジャンルの商材を取り扱っています。そのため、ニーズに合った商品を販売すれば売れ筋となり、売上を伸ばすことができるのが特徴です。

Yahoo!奇摩購物中心

特徴

  • 日本製品を好むユーザーが多い
  • お菓子・キッチン用具が売れ筋
  • 24時間以内配送

Yahoo!奇摩購物中心は日本製品を好むユーザーが多く、既に日本でもなじみのある企業が出品をしています。その中でもお菓子やキッチン用具が売れ筋となっており、このジャンルの商品を販売したい企業にはおすすめです。

PCHome

特徴

  • 24時間以内配送
  • 170万以上のアイテムを取り扱っている
  • ECサイトランキング第2位

PCHomeの特徴は、台湾ECサイトのランキング第2位です。特に170万以上のアイテムを取り扱っているのが最大の特徴であり、総合通販をしようと考えている企業にとっておすすめの越境ECです。

【まとめ】

おすすめの越境ECを紹介して参りましたが、ここでの記事以外でも多数のECがありますので、取り扱い商品の特性に合わせて選ばれた方がよろしいかと思います。

後、売れる売れないもありますが、日本語対応やカスタマーサポートの設備などサポート面でも充実しているかをみられた方がいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です